ニッコマで浪人日記

日東駒専で浪人をしている者が国立を目指す荒唐無稽なストーリーです

第二回河合記述模試結果

 河合の記述が返ってきました。本当は二日前に来ていたんですが、やり直しに追われたり、カリオストロの城を見たりするうちに時間が経ってしまいました。カリオストロは面白かった。埼玉県警には笑いました。

 さて、今年度初めて受けた記述模試の点数はこんな感じです。

f:id:nikkoman:20161015173453j:plain

 うーん。良いか悪いかで言うと悪いです。因みに現役時はこの模試で国語の偏差値が68あったので、そこは明らかに悪くなってます。点数的にも10幾つ落ちてますね。それで落ちた原因は何かなと見てみれば、現代文と漢文でした。漢文は意味を答えるところを読みで答えるアホなミスさえしなければまず6点はあがりました。現代文は……。ちょっとどうなんでしょ。漢字の問題で「荒廃」を「交配」と書くトンデモミスしか笑えるようなところはありません。大問二とかを見直していると、解答を見ても腑に落ちないと言うか、飲み込みづらいものがありました。やはりあれです、国語は古文漢文で稼ぐに越したことはありません。古文で助詞の問題やら語句の意味の問題なんかでぽろぽろ落としてました。しっかりやらねば。

 そして数学。偏差値も点数も悪いです。まあでも国語・英語で点を稼いで数学をカバーするという方向自体は狙い通りです。点数の内訳を見てみると、小問集合が一番悪かったです。計算ミスでボロボロ落としました。で、余弦定理の計算で「61-49=15」という物凄い小学生レベルの間違いをしたせいで7点落としました。僕はなぜかこの計算ミスを繰り返しやらかすんですね。どれくらい繰り返すかと言うと見直しで解いたときにもう一回やらかすくらい繰り返します。12。12。三度はやらないように……。図形と式の(3)は解答を見てへえーって感じでした。手も足もでした。もう一回問題集の図形と式の範囲を繰り返す必要を感じました。微分積分は公式のところで一つ思い違いがあったことに気づき、愕然としました。なので何度もやり直しをしても全く出来ずほとほと困っていました。本当今気づけて良かったと言えば良かったんですが……他の部分でもそういうのが無いかどうか不安になってしまう。やっぱり基礎的な取りこぼしが多いなと痛感させられました。整数問題は一回やり直してみたところ結構あっさりと出来ました。うーん。落ち着いてやるべきなのかな。

 英語。は、でも偏差値だけで見ればそこまで落ち込まなくても良いかな……と思ったりしました。いや良くは無いんだけど、去年の偏差値は58くらいだったんで、それに比べればまあうん……。良くないか。反省点としては文法問題です。20点中8点でした。ははは……。あとは前半部分の長文が悪かったことですかね。和訳が悪い。意訳を超えて捻じ曲げて訳してしまったりしているのがダメだなと。長文力が落ちているのが如実に分かる点数でした。ただ自由英作の部分も悪く、これは自分でもどうしようも無いというか何故点数が引かれてあるのか分からず、困ってしまいました。僕の受けようと思っている大学はここ数年自由英作を出していないので、神経質になって対策をする必要はないと思っていますが。うーん。とかく今日これから二次対策がてら英語の長文を解こうと思います。実はこれで初めて志望校の問題に触れるという……我ながらスタートダッシュが遅すぎたように思います。 ))

f:id:nikkoman:20161015173452j:plain

  判定がこんな感じ。記述A判+マークB判=総合B判。うーん。総合でAに行けば良かったんだけどちょっとダメでしたね。マークがかなり足を引っ張ってしまった。そしてそのマークを引っ張っていけるほど記述も良くなかった。うーむ。精進しよう。右の埼玉大学は、センターで転んだ時の候補校その一です。

 

 さて、そしてこれが第二回全統記述模試だったわけで、なんと明日が第三回全統記述模試なんですね。アンビリバボーです。信じられない。これで記述模試最後とかマジ? 試験中はとにかく焦らず、問題文をよく読んで、計算ミスをしてないかきちんと確認しつつ頑張りたい。

 (追記・後で確認したら僕の第一志望はここ毎年自由英作文を出してました。はあ。)