読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッコマで浪人日記

日東駒専で浪人をしている者が国立を目指す荒唐無稽なストーリーです

第二回駿台模試所感と諸々

模試感想

 "残酷"模試と名高い駿台模試ですが。まあ受けたんですがまあ……悪いです。笑っちゃうくらい。ぶっちぎりのE(D)判定をたたき出すでしょう。はあー。駿台模試でA判とかたたき出せれば格好良いんだけどなあ。

 国語は漢文が良かったんですが古文がパー二問目の評論がパーですね。うーん。どうすれば良いのかなあ……。古文はやっぱり助動詞と助詞関連を固めれば良いとは思っているんですが、解答を見てもちょっと飲み込みづらいものもありました。うーん。

 文系数学は恐らく普段の駿台模試に比べれば簡単だったと思います。僕は殆ど河合しか受けていないので分かりませんが。ただもう……後半が訳分らんかったです。あーあ。

 英語は最初の長文を頑張ったせいで後ろがつかえてつかえて兎に角時間が足りませんでした。二個目の長文は全部当て感でやりました。結果はね……。一個目の長文が国公立狙い、二個目が私大狙いでしょうね。というか二個目は何から何まで某ソフィア臭かった。後半の文法も丸付けしてみたらボロボロでした。うーーん、うーん。明らかに昨年度より英語力が落ちていて最早笑えません。後悔しか残らない。

 まあ結果が返ってきたら改めて判断しますかね……。

 

 さて。ここからは”諸々”にあたる部分です。最近は朝四時に寝て十時~十一時に起きています。最悪の生活習慣ですが、なかなか直したくても直せずで苦戦しています。また面倒な勉強をやってから図書館に行こうと思っていると、どんどん時間が過ぎ、五時くらいになってしまって図書館に行くのを諦めてしまう。それで夕方六時から出て九時まで近所の喫茶店で勉強する、というまあ何とも……奇妙な生活です。更にここ最近は毎日家に籠って勉強しているので、社会性がどんどん失われていってます。今日くらいは図書館で勉強しようかな……。

 今年から国公立志望にしているので、二次対策をいつから始めれば良いのかまるで分かりません。英語は今のところ、単語・文法・英文読解を同時進行で進めているんですが……。センター(2009)を改めて解いてみたところ166点で……愕然としました。去年と殆ど変わらんやん、と。本番ではちゃんと180点を超えたいと思っていたので本当にショックだった。落としていたところを見ると、文法etc(16点)と長文(18点)で。文法の悪さにガクッとするのと同時に、長文で三問も落としているのがまあ……何してんの? っていう……。英語長文をやってないツケ、ということで今日からちょこちょこ英語長文を始めようかと思います。でも数学も国語もやらんといかん……。ああ時間と気力が……。あと最近は、いい大学に行った同級生のことを思い出して暗い気持ちになったり……今の高校三年生は必死にやってて成績も上がってるんやろうなとか考えたり……。取り留めもなく、考えてもどうしようもないことを考えては薄暗い気持ちになります。そんで第一志望に受かりたいという気持ちは、かなり切実なものになったりしている。去年は本当に第一志望校に行きたかったし、それなりに頑張ってるんだからきっと行けるだろうと考えていた。つまり暗い感情なんて一かけらもなかった。それが今年はまったく違って、もうこんな生活からは抜け出さないかんという焦り、でもこんなんじゃダメなんじゃないかな、つまり落ちるんじゃないかという不安、あとは第一志望に行けたら嬉しくてたまらないだろうなあという細やかな希望が、大体3:6:1くらいでぐちゃぐちゃに混ざり合ったような気持ちを持っています。周りと高めあうこともなく一人でずっと勉強して、しかもその成績(英数国)が四月からちょっとずつ下がってるという事実が、ボディーブローのように効いてます。

 でもまあそんな事を考えても仕方がないわけで、母親に相談すると、とにかく自信を持てるように勉強しろと返される。ぐうの音もない。

 それで思い出すのが、仮面をしようと決めた三月~四月の時。ニッコマに通うとなった時は世界が終わるかの如き勢いで毎日泣いていました。人生終わったと本気で考え、この世には希望もクソもないと思っていました。それで仮面をすると決めた時は、本当に希望が持てたような気がしたのです。四月、大学の講義が終わってから図書館で勉強し始めた時、また目標に向かって頑張れるんだと毎日うれしかったのを思い出します。それから大学という空間に打ちのめされ、モチベーションを悉く失ってしまって、勉強を完全に放棄し、それで苦しんでいる今があるわけですが。

 とにかく悔いが残らないように、そして落ちた時の苦しみと悔しさを忘れずに、勉強に励んでいきたいと思います。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 浪人生・予備校生へ
にほんブログ村