読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニッコマで浪人日記

日東駒専で浪人をしている者が国立を目指す荒唐無稽なストーリーです

お久しぶりです

挨拶 模試結果

 一か月以上放置してしまいました。お久しぶりです。

 やはり毎日の勉強記録なんて続きませんでした。そして勉強の方もストップしていました。前回(6/9)から何日間かは勉強を続けていたのですが、六月下旬になるとインターネットにばかりかまけ、完全にサボってました。更に七月以降は授業にすら身が入らなくなり、そして今週の一週間は一日も大学に行きませんでした。その間家に籠って何をしていたかと言えば、只管steamとニコニコ動画ばかり漁りまくってました。最低です。

 

 親からも、四・五月に比べて、このまま大学に通い続けた方が良いのではないか(=仮面浪人は諦めて欲しい)、受験が失敗した時のことを考えなければならない、等々、ネガティブ、と言うか自堕落な僕の現実に即した言葉ばかり言うようになりました。親には申し訳なくてたまりません。

 で、結局僕の仮面浪人の行く末ですが、僕は仮面浪人を下りる予定でいます。それは再受験を諦めるというわけではなく、大学を中退して、受験勉強に励む、ということです。つまり自宅浪人、宅浪です。

 然し、はっきり言って踏ん切りがつかないのは事実です。大学をやめることで、確実に僕の社会的地位は「18歳無職」というものになってしまう。退路が断たれ、その上、この一週間ネットばかりにかまけていた(起きているときは基本PCを見ていました)この自堕落さが、果たして宅浪で消えるのだろうか、という思いがあります。つまりダラダラしたままこの一年を終え、国立はおろかMARCH・成成明学にも落ちるんじゃないか、というシナリオが見えているということです。

 ここで塾に通うという選択肢があるかもしれませんが、僕は予備校・塾という存在が非常に非常に苦手です。高校三年生の時夏期講習だけ参加しましたが、緊張で腹痛が酷くなり、最後まで参加できませんでした。なので僕は、例えば駿台や河合のような大手塾には行きません。よって大学をやめると、宅浪しか道はありません。

 今の僕の気持ちを素直に表すと、「仮面浪人は続けず、これからは宅浪する。でも、正直やる気出ない。受験失敗しそうで怖い」という感じになります。うわーもう本当情けないなあ……。

 ところで何でこんな時間(夕方四時前)に更新しているかと言えば、これから大学に行って、退学届けを貰いにいくからです。あと序に大学図書館に行って、退学後も図書館が利用できるのかとかそこらへんも聞いてきます。多分無理だろうけど。

 

 かれこれ一か月弱くらい勉強をサボっていると、勉強をやり始めようと思ってもメチャ困難なんですよね。前、数学を一問解いて二時間寝てしまったときは唖然としました。浪人生は六月にサボりがちだとか何とかよく言われますが、完全に僕もその穴にハマってしまいました。だってアレ、今からセンターまで半年ですよね。もうマジであっという間なんだろうなと……考えると本当に怖い。

 まあ……またやっていきたいです。

 あ、あと、東進の東北大模試(六月下旬)受けてきたのでその結果でも貼ります。

f:id:nikkoman:20160715155414j:plain

f:id:nikkoman:20160715155946j:plain

 

 国語の古文で、和歌の解釈を書きなさいってのがあったんですよ。で、僕私文専願だったんで、問題文の意味が分からず、取りあえず各語彙の解釈(意志の助動詞「む」の連用形とか)をガーッと書いていったら当然×でした。アレは普通に和訳を書けば良いと学びました。つーか四割ですよ四割。ヤベーなあ。

 それとこれ母体数が凄く少ないんですよね。文学部で受けた人が四十人しかいないって……だから順位とか偏差値とか判定とかは限りなく意味がない。特に東進主催だから現役が殆どだろう。

 だからもう数学が猶更……もう数学がね……。第一問の証明で0点っていう……。更得意なはずの確率でボロボロ。やり直したら殆ど合ってて……。ああいう、数え上げるタイプで数え忘れてたらもーどーすれば良いんでしょうね。今回時間配分とか殆ど考えなかったので、これからは余った時間で確認して、って感じですかね。でももう……数と式系の証明が出てしまったら僕はどうしようも無いかも知れない……。黄チャレベルじゃ間に合わないと実感しました。

 英語は八割とれててヤッターって感じです。ただ自由英作文が半分しか取れていなかったので、そこが課題です。後は内容説明の記述の点も悪かったのでそこの対応とかかな。

 中だるみ防止用に受けたんですが、見事に中だるみしてしまいました。ただ数学が本当にヤバいということが分かったんで、そこが収穫かな。一応コツコツやってたつもりだったんですが……。まだまだ足りないということが露呈しました。

 

 今回はここまでにしておきます。取りあえずは、早く退学届けを貰いに行きます……。